バリアフリーおもてなし術

バリアフリーホスピタリティーのコンサルティング

「超」高齢化社会。これから心身に何らかの障害を持つお客様が急増します。

バリアフリーの準備はできていますか?

バリアフリー対応にするには大掛かりな工事や費用が必要?

そんなことはありません。

ちょっとした工夫や配慮をするだけで、

バリアフリーに対応したホスピタリティー溢れる会社に生まれ変わります。

バリアフリーアイデア事例(1)

バリアフリー化はお金がかかる。大規模な工事が必要。

そう思っていませんか?

入り口のスロープ工事をしなくても、インターホンを設置するだけで立派なバリアフリー仕様になります。

車椅子のお客様にインターホンで呼び出してもらえば、お迎え介助ができるからです。

バリアフリーアイデア事例(2)

こんな湯呑みでお客様にお茶を出していませんか?

握力の弱い高齢者や障害者は湯呑みが苦手です。

重くて熱くて持ちにくいからです。

予め、取っ手の付いた小さなマグカップを用意しておきましょう。

「マグカップにしましょうか?」

ひと声かけるだけで喜んでもらえます。 

提供サービス

(1)障害者・高齢者に詳しい専門家によるバリアフリーホスピタリティコンサルティング

(2)障害者モニター、高齢者モニター、介護士モニターの紹介

バリアフリーアイデア集(ホスピタリティ編)

アイデア集はコチラクリック

…当協会ブログ【企業利益につながるバリアフリー&ユニバーサルデザイン】にジャンプします

<おもてなし術 事例>

タイトルとURLをコピーしました